3分でわかる SSL 証明書を使用する静的 Web ホスティング用の AWS Amplify

AWS Amplifyは、モバイルやフロントエンドのWeb開発者が、AWSを利用して安全でスケーラブルなフルスタックアプリケーションを構築し、デプロイすることを可能にするエンド・ツー・エンドのソリューションです。

Amplifyでは、数分でアプリのバックエンドを設定し、数行のコードでアプリに接続し、3ステップで静的なWebアプリをデプロイすることができます。

AWS Amplifyで市場投入までの時間を短縮しましょう。

このブログでは、AWS Amplifyの「Static Web Hosting」オプションについてご紹介します。

AWS Amplify スケーラブルなウェブホスティング。

・フィーチャーブランチの導入
・カスタムドメインの設定
・ワークフローの継続(CD)
・グローバルに利用可能
・インスタント+アトミックデプロイメント
・パスワードによる保護

MFEs — microservices approach for modern web.

What is Micro Frontends?

自社でアプリを開発すれば、自社の業務に合わせて最適な業務アプリを作ることができます。また、使用していて欲しいと感じた機能をどんどん追加していくこともできますし、そういった改善を重ねながら長期間にわたって使用することができます。デザインも自由に設計できるので、使いやすく便利な業務アプリを作り上げていくことが可能になります。

スマートフォンが急速に普及する近年、スマホアプリの活用はマーケティング戦略の王道といえるまでになっています。皆さんも、日々スマホを利用する中で、アプリの影響力の大きさを実感しているはず。これからアプリ開発をする企業であれば、そのメリット・デメリットを具体的に把握することは必須事項でしょう。

そもそも何故アプリが人気なのか?

現在、スーパーアプリの登場でよりスマホアプリが大転換期を迎えています。
スーパーアプリとは「1つのスマホアプリ内で、サードパーティ製の様々Webアプリを起動できるプラットフォームアプリ 」です。
皆さんが普段利用している「LINE」もスーパーアプリのひとつです。
スーパーアプリの中で起動できるアプリのことを日本では「ミニアプリ」と呼びます。
そん …

台帳とは?
台帳は、記録管理システムです
業務記録を保持するためのシステムには、情報のキャプチャ、チェック、記録、レビュー、および情報の処理が含まれます。

量子台帳データベース (QLDB) とは?
Amazon QLDB は、信頼できる中央機関が所有する、透過的で不変で暗号的に検証可能なトランザクション ログを提供する完全マネージドの元帳データベ …

ブロックチェーンとは、分散型ネットワークを構成する複数のコンピューターに、暗号技術を組み合わせ、取引情報などのデータを同期して記録する手法のことです。
一定期間の取引データをブロック単位にまとめ、コンピューター同士で検証し合いながら正しい記録をチェーン(鎖)のようにつないで蓄積する仕組みであることから、ブロックチェーンと呼ばれます。
別名「分散型台帳」とも言われています。
ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)に用いられる基盤技術でです。

ブロックチェーンの仕組み

※ハッシュ値とは:
ハッシュ値とはアルゴリズム(ハッシュ計算)により算出された一定量の情報をコンパクトにまとめるデータのことです。
情報が少しでも変更されると、計算されるハッシュ値は全く異なるものになります。

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンの技術

・契約の自動化を実現する「スマートコントラクト」
契約行動をプログラム化し、自動的に実行しようとする仕組みが「スマートコントラクト」です。
スマートコントラクトはブロックチェーン上で動くエージェント・プログラムです。
特定の条件を満たした場合に契約を行うなど、さまざまな業務処理を記述することが可能です。
(実現性の程度はブロックチェーン基盤によります)

・偽造防止・暗号化技術
ブロックチェーンでは、公開鍵暗号技術により電子署名を用いて相手との安全な取引を実現したり、台帳情報の共有による取引の透明性とプライバシー保護を両立したりしています。

・全体の合意形成で正当性を確認する「コンセンサスアルゴリズム」
中央集権的な管理者を持たないブロックチェーンでは、台帳情報をネットワーク上の全員で共有するため、全体の合意形成を行います。
そうした合意を行う方法が「コンセンサスアルゴリズム」です。
コンセンサスアルゴリズムには、ビットコイン等に用いられるProof of Work(PoW)やHyperledger Fabric等に用いられるEndorse+Ordering Serviceなど複数の方法があります。

・分散型の台帳管理を支えるP2Pネットワーク
ブロックチェーンのデータ管理の役割を担うのが、P2Pネットワークです。
P2Pネットワークはクライアント=サーバー型とは異なり、特定のサーバーやクライアントを持たずにノードと呼ばれる各端末が対等に直接通信することで、ユーザー同士の情報共有や決済のやりとりを可能にします。
既存の決済システムのようにサーバー側で情報を集約して管理する場合には、そこが障害時の弱点(単一障害点)となりますが、ブロックチェーンの場合にはユーザー全員が同じ情報を持っているため、複数のノードに障害が発生してもシステムを維持できます。

ブロックチェーンのプラットフォーム

ブロックチェーンの今後

WeCodeではプロフェッショナルからなる専門の開発チームがお客様のアイデアを形にします。 お気軽にお問い合わせください。
無料見積・無料相談実施中!
www.wecode-inc.com | 〒305–0047茨城県つくば市千現2–1–6 | contact@wecode-inc.com | Tel 080–7094–9386

Source:

製造業の未来を担う新たな産業革命

インダストリー4.0とは?

インダストリー4.0(第4次産業革命)はドイツ政府が産業界が主導して推進する製造業の国家戦略プロジェクトです。
近年IoTの進展とともに日本でも注目を集めるようになりました。
製造業におけるコンピュータの活用に重点を置きAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)といったIT技術を積極的に取り入れて、製造業を改革することを目指しています。
インダストリー4.0は企業経営に直接関わる人だけでなく、生産現場で働く労働者にも深い関わりがあります。
新製品の開発や既存製品の改良が飛躍的にスピードアップするだけでなく、生産設備の故障や損耗に前もって対処するなど、製造業の人手不足問題にも対処ができます。
企業内のすべての人間が最新のテクノロジー情報を入手し、インダストリー4.0に向けた準備をすることが大切です。
インダストリー4.0の中心には「スマートファクトリー」(考える工場)というコンセプトがあります。

スマートファクトリーとは?

インダストリー4.0の中でも、中心的なコンセプトとして「スマートファクトリー」(考える工場)があります。
スマートファクトリーとは、機械や人間、その他のあらゆる企業資源が相互に接続して通信し、生産プロセスをより効率化・高品質化させるための概念です。
工場のスマート化を実現するには、インターネットだけでなく、IoT、ビッグデータ、AI、産業用ロボットなどの活用によるエンジニアリングチェーン、サプライチェーンのネットワーク化が欠かせないと言われています。
IoTやロボットなどの先進的な技術を最大限活用し、ネットワークでつながる工場というのがスマートファクトリーの中心となります。

インダストリー4.0の狙いは?

インダストリー4.0の発展が進めば、製造業においてより高度かつ複雑なモノ作りが可能となり、従来の生産モデルを大きく転換することが期待されています。
サプライチェーンマネジメントや、需要予測においてもよりダイナミックな戦略策定が可能となるでしょう。
とくに従来のライン生産とセル生産の長所を取り入れ、高付加価値の製品を大量に生産することを可能にした「ダイナミックセル生産」が注目を集めています。
特に次の3点が重要と考えられています。

・ダイナミックセル生産の実現

スマートファクトリーによる少量多品種、高付加価値の製品の大規模生産を現実する方法として考え出されたのが「ダイナミックセル生産」です。
ダイナミックセル生産は、従来の「ライン生産」と、1人または少数の作業者チームで製品を組み立てる「セル生産」の長所をミックスして、進化させた生産方式だと言われています。
ダイナミックセル生産では、ラインの工程を分類して数種類に分け、各工程で組み立て作業を受け持つロボットが、ネットワークを通じてクラウド上の情報、上位系システム、周囲の装置、現場の作業者などとリアルタイムに情報を交換し、状況に応じて最適化された数、種類の生産を進めていきます。

・マスカスタマイゼーションのアピール

ダイナミックセル生産をさらに推進していくと、最終的に一つひとつ仕様の異なる製品の生産にも対応できるようになります。
コストを増大させることなく、タイムリーに、多様な顧客ニーズを反映した製品を「ロットサイズ1」から生産して市場に提供する製造手法は「マスカスタマイゼーション」と呼ばれます。
この言葉は、大量生産を意味するマスプロダクションと受注生産を意味するカスタマイゼーションを組み合わせて作られました。
インダストリー4.0では将来、数多くのスマートファクトリー同士がつながり、一国の製造業全体があたかも一つの大きなスマートファクトリーであるかのように機能するようになるだろうと予測されています。
マスカスタマイゼーションはそのような未来の環境下において、最も理想的な形で実現するはずです。
ニーズに合わせて仕様を変えた一つひとつの製品は、サプライチェーンの中で最も効率的なラインや工程が自動的に選択されることで、スピーディーかつスムーズに生産されるようになるでしょう。
これにより消費者は誰もが安い価格で速やかにオーダーメイド製品を手に入れることが可能になるとアナウンスされています。

・サイバーフィジカルシステム(CPS)でものづくりを進化させる

インダストリー4.0では、実世界=フィジカル世界にある多様なデータを、センサーネットワークなどを駆使して集約し、サイバー空間に存在するコンピューターシステムで処理して分析する「サイバーフィジカルシステム」によってものづくりを進化させることを目指しています。
センサーネットワークとはデータを計測する複数のセンサーが相互に接続されたネットワークのことです。
そしてサイバーフィジカルシステムとは、実世界とサイバー空間内のコンピューティング能力を密接に連携させることで、効率的かつ高度な社会を作り上げていくシステムやサービスを指します。
例えばマスカスタマイゼーションによって製造された製品が消費者に提供されると、次は製品自体がデータ取得端末として稼働し、利用状況や消費者ニーズに関するデータを設計・製造現場に送るというサイクルが作られます。
こうしたサイバーフィジカルシステムによるインフラが整えば、設計や開発、生産に至るまでのものづくりに関わるあらゆるデータが蓄積され分析され、自律的に動作して消費者に届くといったインテリジェントな生産システムが構築されると考えられます。

インダストリー4.0とIoTの違いは?

インダストリー4.0とIoTとは、混同されやすい用語ですが、インダストリー4.0と「モノのインターネット(IoT)」の違いはどこにあるのでしょうか。
まず後者のIoTとは製品・部品・デバイス・設備といったモノがインターネットに接続される仕組みです。
一方、インダストリー4.0は、モノがインターネットに接続していることはもちろん、モノとモノ同士が結び付く機能や、あるいはモノの集合体である業務プロセスが相互に連携しながら生産を実施する仕組みを含んでいます。
こういった高度かつ複雑な相互連携によって、生産オペレーションを最適化したり効率化したりして生産プロセスを進化させようとするのが、インダストリー4.0の革新的な点です。

まとめ

インダストリー4.0は、製造業界にAIやIoTといったデジタル技術を取り入れ、製造業のサプライチェーンやビジネスモデルを根底から変える可能性があります。
スマートファクトリー化による工場の自動化や生産性の向上など、さまざまな革新が期待できる取り組みのため、今後の動きを注視する必要がありそうです。

WeCodeでは60名以上のプロフェッショナルからなる専門の開発チームがお客様のアイデアを形にします。
お気軽にお問い合わせください。
無料見積・無料相談実施中!
http://www.wecode-inc.com | 〒305–0047茨城県つくば市千現2–1–6 | contact@wecode-inc.com | Tel 080–7094–9386

SourceWeCode

コロナ禍の中でも注目を更にましている「プラットフォームビジネス」とは?

近年のビジネスシーンで勢いのある企業の共通点、そのひとつが「プラットフォームビジネス」です。
コロナ禍の中でもその勢いは衰えを知りません。
Google、Apple、Facebook、Amazon、Airbnb、Uber……
いまやプラットフォームは最も重要なビジネスモデルの一つです。
プラットフォームは、ヘルスケア、教育、エネルギー、政府といった、より幅広い経済的、社会的領域の変革までも担いつつありプラットフォームビジネスに参入する企業も増えています。
改めてプラットフォームビジネスとはどういったものなのかおさらいしてみましょう。

プラットフォームビジネスの基礎知識

プラットフォームビジネスとは、物を売りたい人やサービスを提供したい人が、購買者やサービスの利用者と、スムーズにマッチングできるような場を提供するビジネスモデルのことです。
プラットフォームビジネスのメリットは、顧客のさまざまなニーズに柔軟に対応できることです
現在のプラットフォームビジネスは実に多くの種類が存在しますが大きく2つに分けることができます。
1つは、「イノベーション・プラットフォーム」です。
中核となる製品や技術に、第三者企業が補完的な製品やサービスを付加できるというモデルです。
例としては、GoogleのAndroidやAppleのiOSやAmazonのAWSなどがそうです。
もう1つは、情報、物品、サービスのやり取りを可能にする「トランザクション・プラットフォーム」です。
例としては、Amazonや楽天、Airbnb、Uberなどがそうです。

プラットフォームビジネスのメリット

プラットフォームビジネスは、顧客のニーズに合わせた拡張や変化を容易に行うことができます。
そのほか優位な側面として、顧客数や客単価のアップが見込めることやマーケティングにと相性が非常に良いためマーケティング戦略が立てやすいメリットがあります。

・顧客数を増やせる
商品・サービスのラインナップが豊富になることで、多様な顧客ニーズを満たせるようになります。
プラットフォームビジネスでなければ、家電や洋服、ゲームソフトの豊富なラインナップをすべてひとつのお店で売る、といったことは不可能ではないでしょうか。
プラットフォームビジネスを展開することで、家電を買いたい人も、洋服を買いたい人も、ゲームソフトを買いたい人も、すべてプラットフォーマーの顧客にすることができます。
またプラットフォームに参加する企業もその恩恵を受けることができます。

・客単価をアップできる
顧客を会員化することで、関係性を強化することが可能です。
会員になれば、メールでのセール告知や来店を促すこともできます。
リピートに繋げることより、顧客一人当たりの売上アップが期待できます。
特にプラットフォームビジネスでは、参加企業が他社やプラットフォーマーと顧客を共有できるのもポイントとなります。

・効果的なマーケティングが可能になる
会員の属性や購買履歴などの消費行動データを蓄積して、マーケティングに活用することが可能です。
特定の商品カテゴリだけでなく、カテゴリ横断的に膨大なデータを蓄積でき、マーケティングの可能性を広げられるのは大きな強みとなります。

プラットフォームビジネス成功のため条件

プラットフォームビジネスは、ネット環境があればどんな企業でも参加できます。
ただし、成功するかどうかは別の話で参加すればすぐに成功するようなものではありません。
大切なのは、どのようなプラットフォームを作成していくかです。
たとえば、成功企業をお手本にするのは一つの方法ですが、注意点もあります。
Amazonや楽天のように物やサービスを自由に売買できるサイトや仕組みは、もはや飽和状態のため差別化を図ることが重要になってきます。

・課題を解決、軽減するためのプラットフォームになっていること
フリマアプリの場合、オークションサイトの利用者が感じていた「商品価格が自分で決められない」「商品が買えるまでの時間が長い」などといった不満点を解消し、「売り手が価格を決められる」「欲しいものがすぐに手に入る」といったメリットを打ち出して成功しました。

・プラットフォームに参加者が勝手に増えていく機能が備わっていること
プラットフォーマー自身が宣伝しなくても、参加者が参加者を呼んでプラットフォームが拡大していく仕組みが重要です。
例えば、Facebookは、プラットフォーム内でゲームを作るためのAPIを公開し、多くの企業が自由にゲームを作成できるようにしました。
このことで多くのゲーム制作会社がFacebook内にゲームをリリースしました。
ゲームの多くは友だちを誘うことで楽しめるようになっており、会員が友だちを会員に招待する形で会員がみるみる増加しました。

・プラットフォームの参加者に不満を抱かせない仕組みができていること
顧客やアライアンスを組む企業は、不満を持つと他のプラットフォームに移ってしまう恐れがあります。
サービスが拡張しやすいよう自由度の高さを組み込んでみたりマナーの悪い方ばかりが集まってしまわないような禁止事項を儲けることも大事です。
ユーザーによって作られるコンテンツをUXの精度と最低限のマナーを担保し運用できれば、きっと良いプラットフォームになるのではないでしょうか。
またAmazonでは、プラットフォーマー自身は顧客との関係を構築できるものの、参入している企業やブランドにとっては逆に関係が弱体化する恐れがあることから、参入して数年後に離脱したり、初めから取り扱いを拒否したりしているケースもあります。
そういった点から企業側についてもアライアンスを組んでいる企業にも公平にメリットを得られるような仕組みづくりが重要となります。
顧客の意見には常時目を配り、耳を傾け、不満を放置しない態勢を作り保つことが大事ではないでしょうか。

まとめ

プラットフォームビジネスはこれからもより優良なビジネスモデルとして、より発展することが期待できます。
すでに、通販サイトやクラウドワークスなど、成功を収めたプラットフォームビジネスが多数ある一方で、新しく参入した会社が、優良なプラットフォームビジネスを立ち上げる可能性も十分に考えられます。
また今後、人口が減少するといわれている日本ではプラットフォームビジネスはどの企業にとっても無関係ではなくなる可能性があります。
自らプラットフォーマーになる場合だけでなく、既存のプラットフォームに参加する場合にもプラットフォーマーとどのような関係性を構築するかを戦略的に考える必要があるのではないでしょうか。
作り手だけでなく利用者も参加して成長させていく、時代を象徴するビジネススキーム、それがプラットフォームビジネスです。
価値観が多様化し、人々が求めるものがより幅広くなった現在のビジネス戦略として、極めて優れていると言えるのではないしょうか。

WeCodeでは60名以上のプロフェッショナルからなる専門の開発チームがお客様のアイデアを形にします。
お気軽にお問い合わせください。
無料見積・無料相談実施中!
http://www.wecode-inc.com | 〒305–0047茨城県つくば市千現2–1–6 | contact@wecode-inc.com | Tel 080–7094–9386

SB- WeCode Inc

アプリ開発のメリット

アプリのメリット

【プッシュ通知送信】
アプリからのお知らせをダイレクトにユーザーに送ることができます
一斉送信のメールとは違いユーザーが本当に必要な情報を送ることができます。
メルマガと比べてプッシュ通知はクリック率が4倍以上高いというデータもありアプリの利用回数増加にも繋がります。

【ユーザーの満足度を上げやすい】
アプリはwebサービスに比べてレスポンスが良い傾向があります。
ユーザーのニーズを反映しやすいアプリはユーザーの満足度を高める最適なツールと言えます。

「ネイティブアプリ」か「ハイブリットアプリ」どちらを選ぶか

【ネイティブアプリ】
スマートフォンやタブレットのホーム画面に、App StoreやGoogle Playなどのアプリケーションストア経由でインストールして使用するアプリです。
iOS / Android用に特定のプラットフォーム専用に開発されているため、カメラやGPS、OSの機能を最大限に活用することができます。
Webサイトではなくアプリとして 中身をイチから構築します。

【ハイブリットアプリ】
既存の Web サイトをモバイルで見る際に iOS / Android アプリとして開くwebサイトとネイティブアプリの機能を合わせたようなアプリです。
ハイブリッドという名の通り、ネイティブアプリ機能の「プッシュ通知」「生体認証」「VR / AR」「NFC」 など、モバイル端末ならではの機能を実装して付加価値をつけることもできます。

ネイティブアプリのメリット・デメリット

ハイブリットアプリのメリット・デメリット

まとめ

【ネイティブアプリ】
・動作速度が求められる
・高いネイティブ機能を求められる
・オフラインでもコンテンツ容量を求められる

【ハイブリットアプリ】
動作速度はそこまで求めない
ネイティブ機能はあまり求めない
オフラインでの利用はあまり求めない

これらを踏まえて、開発するサービスの特徴、開発コストやiOS/Androidのプラットフォームのトレンドをよく整理して開発を行うのが良いのではないでしょうか。

WeCodeでは60名以上のプロフェッショナルからなる専門の開発チームがお客様のアイデアを形にします。
お気軽にお問い合わせください。
無料見積・無料相談実施中!
http://www.wecode-inc.com | 〒305–0047茨城県つくば市千現2–1–6 | contact@wecode-inc.com | Tel 080–7094–9386

WeCode Inc

Innovative Software Solutions for Every Business https://www.wecode-inc.com/

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store